前回の記事をツイッターにあげたところ、
例のあの方からリプライが来た。

依頼をいただいたので、
せっかくなので、牌譜検討をさせていただくことにした。

スポンサーリンク

赤犬さんとは

天鳳をしている人で、
赤犬さんを知らない人は少ないと思うが、
天鳳を知らない人や、
最近天鳳を始められた方に向けて、
野暮とは知りながらも紹介したいと思う。

赤犬さん 

天鳳プレイヤー赤犬さん。

独特の口調や、
他に無いキャラクター性、
そして、誰に対しても、自分の思ったことを素直に言う度胸から、
天鳳民の彼女への評価は真っ二つに分かれる。

また、その知名度は、
グーグルで「天鳳」と検索をかけた時に、
関連キーワードで、
「赤犬 天鳳」と出てくるところからも、
知名度の高さは伺えるだろう。

赤犬 2

また、ブロガーとしても、有名であり、
その更新度の高さは、
目を見張るものがある。

ツイッターの活動も、
更新がかなり頻度が高く、
常に更新されている状況である。

管理人との関係

私が、天鳳を始めた頃から、
赤犬さんはすでに有名プレイヤーであり、
鳳凰卓で打っている状況だった。

また、
彼女のツイッターでの名前は、
赤犬さん of 海軍元帥であり、
これは、日本語訳にすると、

海軍元帥の赤犬さんということである。

海軍元帥という言葉自体がすでに、
その人に敬意を表す言葉になっているのに、
その上にさらに、さん付けまでされているのだから、
その権威の高さは伺え知れる。

また以前、
彼女は懸賞金リストというものを作っており、
少し前だが、私も懸賞金をつけられたことがある。

前の記録なので、
今の状況とは少し違うかもしれないが、
赤犬さんと私との関係が少しハッキリするかもしれないので、
一応だが、明記しておきたいと思う。

赤犬 懸賞
赤犬 懸賞 2

参照元:赤犬さんによる通り名、懸賞金まとめ

もっとわかりやすく赤犬さんが知りたい

まあ、それでも、

「結局、赤犬って誰やねん?強いんけ?弱いんけ?どんな奴やねん?」

こう思われている方も多いと思う。

そこで、ここは、
赤犬さんと親しい、西園寺靖子さんという人が、
赤犬さんという人を実にうまく捉えている
ツイートがあるので、
そちらの方も紹介させていただければと思う。

牌譜検討

では牌譜検討に移りたいと思う。

赤犬さんの名言の中に、
ムリラスコクウという言葉がある。

この言葉の意味は、
“どんな打ち手が、どう打っても100%ラス”
という意味である。

彼女はこのムリラスコクウをかなり多発する。

そこで、
今回は、
本当にどんな打ち手が打っても、
100%ラスだったのか

ということを、
検証していく。

東1局

ツモ4m

ツモ4m

これで、
2メンツ(1m2m3m7m8m9m)、1雀頭(4m4m)。
さらに、
両面ターツが二つ(4p5p3s4s)と好形の1シャンテン。

選択肢としては、
不要牌である、
5mか、打2pのどちらかだろう。

打2p

2pを選択。

マンズの一通の目を残したのと、
親の現物5mであるを残したのだろうか。
僅かだが、赤5mの縦引きも、
打点向上を狙える。

親以外のテンパイ速度は、
この巡目では見えないが、
ここは、この打2pは、素直にいい一打たど思う。

同順 リーチ

親からリーチが入った同巡、

2sツモで、
3p6p待ちのテンパイ。

親の現物待ちでもなければ、
打点も、3900からと十分。

さらに、
宣言牌も親の現物の5mなので、
ここはリーチをしない理由が無いだろう。

ツモ

ツモって裏が乗り、
4000、2000。

序盤でこのツモで、
裏1枚乗せるのは、
かなり気分がいい上りである。

東2局

東2 

あまり配牌はよくない。

ドラもないため、
かなり引き気味に、
麻雀を打つ局面であろう。

理想は、
親以外が上がり
安い点棒の横移動だろうか。

打1p

 

 

 

この発想は無かった。

 

私の中では、
90%以上で、
9s
西北はアンパイで持っておきたいし、
さすがに東2局で、
この配牌で配牌オリは無い

ケイテンの可能性も全て捨てることになるし、
さすがに、まだ前向きに、
手を進めたいところである。

チートイツ狙いだろうか?
ダメダ…ワカラナイ…

私なら打9sの一手である。

親あがる

親が12000をツモ上がり。
まあこれはしょうがないだろう。

東2局1本場

東3

ツモ北の打1s

私なら打北の一打。
もしくは、重なった時に、ピンフがつかない打中

手牌がそこまでよくないので、
赤5p7pのカンチャンがあったり、メンツ候補が足りていない等)
重なった時の嬉しさを考えて、私なら、
中を残すが、北を残す人もいそうだ。

 

親 あがる2

対面が放銃して、
親の7700の上り。

オリの手順も、
しっかりとオリれていたように思う。

東2局2本場

親リー

親リーに対して、

ツモ1pで、打8m

私は違う。

私なら、打3p、もしくは打1p
オリの局面である。

現状2着目で、
親リーである。

親にツモ上がってもらっても構わないし、
他家が放銃するのを眺めていてもいい。

3p1pとアンパイが2枚あるので、
ここはオリる。

アンパイが1枚でもオリるかもしれない。

もし、アンパイが無ければ、
無論8mプッシュである。

親あがる3

下家が放銃。
全然OK。

天鳳はこれでいいのだ。

東2局3本場

チー打1

親の8mをチーして、打1p
どうだろう。少し、鳴くのが早い気がする。

雀頭候補が無いので、
もう少し、チーは待っても良かったかもしれない。

ちなみに、チーするのであれば、
私なら打1pでは無く、打白

打南

7sツモ、打南
細かいけど、私なら、打南では無く、打白

白が重なっても嬉しくないので、
放銃時の放銃点数が高く、
放銃可能性の高い、白の方を先に切る。

白を鳴かれたくなくて、白を抱えたのかもしれないが…)

打白

ツモ8pの打白

私なら打3s

3sを抱えておく意味が薄いし、

白はアンパイになるため。

(重なりを見越しての、3s白の残り枚数は同じ。)

打中

私なら、打8s

だが、もし迷彩という意味で、8sを残すのならありかもしれない。

(もし上家から、4mが出たとして、4m5m6mの形で鳴いたとする。

すると、最終手出しが、8sになり、8s周りは出にくくなる可能性がある。
しかし、そもそも最終手出しをキッチリを確認し、
チーした時の、その周りが危ないと分かっているレベルの打ち手ならば、
2フーロしている時点で、
危険な牌は出ない可能性が高い。
(ドラも見えていないし、
最初に、6m7m8m6m7mを晒して、両面チーしているところから、
高打点と見る打ち手が多そうだから。)

(迷彩という意味でなら、あえて先ほどの3sも残しているかもしれない。)

ロン 8000

ロン、8000。
トップ目からの直撃。
ウマウマ。

東3局

打1pp

細かいけど、

1p
145と144の1の強さの比較だと、
144の1の方が145の1に比べて弱い。
参照元:麻雀中学校

白城白

私なら、打1p

1p白を比較した時、
白の方が1pより重要。

打4p

ツモ3pで打4p

私なら、チーテンも取れて、
フリテンだが、テンパイ枚数の多い、打8m

西ロン

!?

国司

 

!?!?!?!?!?

 

東4局

放銃2

4pロン

打点

さよなら

 

 

 

 

総評

ムリラスコクウ of  海軍元帥。

 

 

牌譜元URL:http://tenhou.net/0/?log=2015021510gm-0029-0000-acec4076&tw=2