ツイッターから。
現役最強JDと名高い西園寺靖子さんが、
某掲示板でdisられたらしい。

このツイートに関して、
私が思うところを書きたいと思う。

スポンサーリンク

問題の牌譜

問題の牌譜はこちら。

雀荘戦なので、
天鳳の打ち方とは若干の誤差はあると思うが、
私なんかは、この8p鉄ポンの部類だと思う。

もう、正直感覚の部類なのだが、
この8pをポンすることにより、
ドラ3を他家に見せることが出来るし、
(牽制に繋がる。)
何より、この手は、面前でテンパイすることは、
ほぼ不可能であろう。

で、あるならば、
牽制+鳴いて、
少しでも手を進めれるように、
鳴いた方がいいというのは私の見解だ。

親番であるということも、
牽制に繋がるので、
より鳴き有利になると思う。

最終系としては、
發を重ねて役牌にする、
トイトイ、
当たりが狙い目だろうか。

この辺の副露判断は、
西園寺さんは非常に上手い気がする。

こういった鳴きに関して、
学びたい人は、
是非、西園寺さんのブログで学ばれたらと思う。

七代目天鳳位に関して

さて、そんな現役最強JDの話題とは異なるが、
最近七代目天鳳位が生まれた。

特に感想は無いが、
私のブログをご覧になられている方で、
知らない方もいらっしゃると思うので、
書かせていただいた。

まあ正直、天鳳は、
他人との戦いというよりは、
自分との戦いなので、
私はあまり気にならなかった。

麻雀(天鳳)に対する、正着を積み重ね、
それを継続することのみが、
自分の段位を上げる唯一の手段だと思っているので、
あまり心が動かされることは無かった。

戦術論に関しても、
私に関しては、

現代麻雀技術論をベースにして、
鳴きの技術に関しては、
渋川プロ
押し引きも含めた、
天鳳における総合的な技術に関しては、
ASAPINから学ぶということを決めているので、
天鳳位の牌譜を見直したりすることは無い

重ねてこの3人の著者から、
学び、天鳳位に向けてひた走りたいと思う。