このツイートに関して、
本当に実力ラスだったのか、
検証したいと思う。

スポンサーリンク

実力ラス観測とは

BUMP OF CHICKEN の天体観測という歌の替え歌。

天鳳替え歌部の、うっしーさんの著作。

歌詞は、以下である。

実力ラス観測 1
実力ラス観測 2
実力ラス観測 3

 

この替え歌の心臓部分でもある、
そもそも本当に実力ラスだったのか
無理ラスでは無かったのか
という部分に踏み込んでいこうと思う。

場況整理

実力ラス 牌譜

鳳凰卓東南戦、
オーラス。
0本場、リー棒0。

親45800(+20900)
上家25700(+800)
自分24900
下家3600(-21300)

七段のpt配分は、
トップ+90pt、
二着+45pt、
三着+pt、
四着-135pt、
となっており、
やはりラス回避が重要なことは言うまでもない。

しかし、
この局では、
下家であるラスとの点差は、
21300点であり、
これは、
ハネマン(12000)を下家に振らない限り、
逆転されない点差。
下家のハネツモでも、
12000、3000で、
15000しか差が縮まらないため、
下家はハネマン直撃しかない。

また自分と親も、
20900離れており、
これも、
親をまくって逆転トップを取ろうと思えば、
親にハネ直でなければ、
条件を満たさない。

(ハネツモでは、12000、6000のため、
逆転には至らない。)

また親に、
ハネマン(18000)を振っても、
ラスにはならないことから、

この局では、
全力で1000点以上の手を狙いに行き、
800差である上家をまくり、
二着を狙いに行くということが、
正着になるだろう。

問題のシーン

狙い通り、
2フーロし、
真っ先にテンパイをしている。

そして問題のシーンである。

親の切り出しが前順、
9p

これはハッキリとした違和感である。

この局、
この場面で、
下家が考えるのは、
12000の直撃以外無いだろう。

そして、
下家の最初の2順が、
4s
次が7mである。

どれくらいの速度で、
初手の4s、そして7mを打ったかにもよるが、
この最初の4s7mツモ切りで、
ほぼタンヤオ系を拒否している。

4s4s赤5sからの4s赤5s固定や、
タンヤオ系の手牌に、7mが全くいらなかったということも考えられるが、
4sの後に手出しで、1sを打っていることで、
ほぼタンヤオ系では無いだろう。

この状況でタンヤオ系では無いということは、
ドラの赤5m赤5s赤5pが使いづらくなる。

さらにドラの發をポンされているので、
(どのタイミングでポンされたかわからないが。)
この状況でハネマンを作ろうと思えば、
かなり役が絞られる。

現実的な話として、
ジュンチャン、三色、ピンフ、
もしくは、
メンチンあたりだろうか。

(鳳凰卓では、
リーチをしてしまうと、
この状況下だと、
ほぼ100%他家からの振込みはなくなるので、
リーチや裏ドラは考えないことにする。)

ここで下家の捨て牌を見ると、
北東を手出しでトイツ落とししている。

役牌である、
北東のトイツ落としである。

さらに中もトイツで手出し。

ほぼ、メンチンとみていいだろう。
そして最終手出しが9pである。

この時点で、テンパイ、
もしくは、1シャンテン以上とみるのは普通だろう。
9pの打牌速度にもよるが、私ならほぼテンパイとみる。)

漏れていた情報

おそらくだが、
6p2p4pを打った時点で、
鳴きラグが下家にあったのでは無いだろうか。

勿論、
下家がハネマン以上の手を作ることを諦めていたり、
嫌がらせで、メンチンの手があたかもテンパイしているような状況を作り出そうとしていることも、
考えられなくもないが、
参照:天鳳はクズが生きる世界
そのあたりは、
実際の下家の打牌の速度等で推測するしかないだろう。

前順に、親が4pを通しているので、
一見、筋である、7pは通りやすそうに見えるが、
そもそもメンチンの待ちなんて、
ヒッカケやシャボに刺さることなんていくらでもあるし、
現実的に、
8p9p9pからの9p切り、
7pと何かのシャボ待ち、
さらにカン7p待ちなんてのも可能性はある。

これが特上卓であれば、
少し警戒度は下がるかもしれないが、
ここは鳳凰卓である。

限りなく、雀力の高い打ち手が集まる
鳳凰卓では一瞬の油断は命取り

さらに段位が増すごとに、
ラス回避の重要性は高まる

この局面では、
やはり7pはとめなければいけない局面だったであろう。

現実には…

とは言っても、
この7pは止まりつらい。
テンパイ気配や大物手気配の見え辛いネト麻で、
親が4pを打って、通しており、
自分は、3s6sのテンパイで、
二着目が見えている状況である。

冷静になって、
牌譜を見返してみると、
とめないといけない局面だということはわかるが、
現実は、この7pを止めることは限りなく難しいと思う。

特に東南戦をほぼ打ち切っていて、
オーラスの最後の局面である。

この前に、連予約をしていて、
鬼打ちしていた場合などは、
さらに集中力の問題もあり、
止まりにくいだろう。

ちなみに、
私も実際にこの場に自分が立てば、
この7pは止まる自信が無い。

この局が、
たまたま天鳳有名プレイヤーの、
昇段戦や、降段戦で、
たくさんのプレイヤーが観戦している中だったら、
ドヤ効率も意識して、
止めるかもしれないが、
そうでなければ高確率で7pが出ていく気がする。

しかし、鳳凰卓の打ち手の中には、
どんな状況下でもこの7pをビタ止めするものは確実に存在するだろう。
(実際に、この7pをビタ止めそうな打ち手は何人かだが頭の中に浮かんだ。)

この7pをビタ止めするためには、
ギャンブルに対しての深い理解、
麻雀に対しての深い理解、
天鳳のラス回避に対しての深い理解、
東南戦オーラスでも変わらない集中力、
これらのものが全て揃って、この7pを止めれるような気がする。

実力ラス少年

天鳳替え歌部なるものが、
発足し、無論、私もその一員である。

そこで今回は、
実力ラス観測アンサーソングとして、
実力ラス少年という替え歌を作らしていただいた。

実力ラス少年で最後を、
締めようと思う。

それでは聞いてください。

スキマスイッチさんの全力少年の替え歌で、
実力ラス少年。

実力ラス少年

鳳南で ラスったら 置いてかれんだ
厳しいptの中を よろめきながら進む

汚れちまった僕のセカイ 浮いたptなど無い
染み付いたラス回避 拭えなくなっている

大学生活を捨ててもいいと決めたのに
呪文のように「ツノダシネ」とつぶやいていた

積み上げたptぶっ壊して 身に着けたpt取っ払って
対面の4p信じて 筋の7pを通せ

あの頃の僕らはきっと 実力でラスだった

昇段を開くのは誰だ?

ラス回避忘れたら 老いて枯れんだ
ここんとこは天鳳オンリー 笑えなくなっている

大学の中に 輝いてた物がいっぱいあったろう?
大切な単位 全て亡くしてしまう前に

天鳳をアンインストールして パソコンから目を離して
貴重な 若い時間 現実に目を向けよう
あの頃の僕らはきっと全力でラスだった

怯えたら何も生まれない

天鳳の段位に 答えを見つけ出すのはもう止めだ!
失ったptも新しい単位ですぐに澄み渡っていく

積み上げたptぶっ壊して 身に着けたpt取っ払って
幾重に重なり合う描いた昇段への放物線
紛れもなく僕らはずっと 実力でラスなんだ

昇段を開くのは僕だ

人生はもう詰み切ってる