ツイッターを見ていると、
またまた気になるツイートを見つけたので、
そのツイートに関しての私の意見を述べたいと思う。

スポンサーリンク

状況を整理

状況を整理しよう。

天鳳特上卓、東南戦(特南)、
9巡目に、南家からリーチが入る。

南3局。

トップとは、
25000点離れており、
2着とも、23200点離れている。
天鳳のルール的にも、全力でラス回避を目指す局面だろう。

3着との差は、
5000点。

場に、リーチ棒が2本、
1本場である。

リーチ者の捨て牌は、
1p中白1s1m7m
南南7p

と捨て牌からは読みづらい。

他家の行動は?

他家の行動を見てみよう。

まず親。

リーチ後は、
發1p3p1s8p8p6p

と切っている。

2枚切れの發以外、全て親の現物であり、
8pをトイツ落とししているところから、
ベタオリしていることが伺える。

北家の捨て牌は、
東1p4p發2p2p中
である。

 

4pは1p7pの中筋。
2pはリーチ者のドラの1pのうち出しが
第一打なので、
1p周りは、手牌には無いと読んでのことだと思うが、
ベタオリではなく、マワシ打ちしている印象である。

点棒状況判断

親はベタオリしているので、
親のテンパイ連荘もおそらく難しい。

下家は、
2pを通しているので、
多少厳しい牌でも、
ケイテン(形式テンパイ)を狙いにくる可能性がある。
(といっても、場況的にほとんど押すメリットが無いため、
危険牌は出ない可能性が高い。)

もし自分がこの局、
ノーテンに終われば、
3着の上家との差は、
上家が1人テンパイの時は、
9000差

上家と下家との2人テンパイの時は、
8000差となる。

リーチ棒が2本と、この局が流れた場合は2本場になる。

9000差の場合は、
上家以外からマンガンデアガリOK(上家が他家に12000(12000+600)フリコミOK)。
(7700+600+2000=10300
5200(1300、2600)ツモOK。
(1500+1500+2800×2+2000=10600)
3900直撃OK。
((3900+600)×2+2000=11000

8000差の場合は、
上家以外からマンガンデアガリOK(上家が他家にマンガンフリコミ(7700+600)OK)
(7700+600+2000=10300
4000(1000、2000)ツモOK
(1200+1200+2200×2+2000=8800
3900直撃OK
((3900+600)×2+2000=11000

さて、ではここで、
自分がケイテンを取れた場合はどうだろうか?

点差は、5000差のまま。

上家以外から3900デアガリOK(上家が他家に5200フリコミOK(5200+600))。
(3900+600+2000=6500
1500(400、700)ツモOK
(600+600+900×2+2000=5000
※点数は同じだが、
天鳳のルール上、
同点の場合は席順で順位が決まるため)
1000直撃OK
((1000+600)×2+2000=5200

となり、
圧倒的にケイテンの重要性がわかるであろう。

故にここはどうしても、
テンパイを取りたいところなのだ。

天鳳高段位者はどう打つ?

ではここで、
天鳳高段位者の意見をきこう。

元十段、
遊走氏である。

天鳳を打たれている方なら、
元十段の雀力の説明は最早不要であろう。

もう少し説明を

十段様が、鳴いて3mを切るというのはわかった。

だが、もう少しだけ説明を加えたい。

まず、6sは切りづらい。

この順目でド無筋の
6sはさすがに切れない。

18分の1理論でいくならば、
通っている筋は、

1p4p7pの2本
3p6pの2本
1m7mの2本
3mの1本
1sの1本
8sの1本
2pの1本
の10本。

字牌はほぼ全て通っており、
捨て牌もふつうなことから、
この6sは、

約8分の2で当たる。

さすがに、
鳴いた場合、まだツモ番が二回残されているので、
このリスクは取りづらい。

しかし、
ケイテンは絶対に取りたい。

となった時に最善の選択が、
鳴いて3m切りなのだ。

ちなみに鳴いて、3mを切った場合の牌姿は下記である。

赤5m6m6m2p3p4p2s3s4s6s      1s2s3s

実際6mなんてほぼ通る牌なわけで

6mが当たる場合は、
3mが河にあるので、
7m8m5m7m6m6mと何かのシャボだろうか。

ただ、
6巡目に、
7mが手出しで捨てられており、
その後の南の手出しを見ると、
7m南である。

その後、南をツモ切っているので、
南はアンパイとしておいていたのだろうか。

何にせよ、
7mの優先順位は低そうだ。

ここで、
人読みが活きるのだが、
リーチ者の段位は4段である。

もし、6m6mと何かのシャボ待ちの場合は、
6m6m7mの形から7mを切ったことになり、
段位が四段だとするとこのような牌効率を完全に無視した打ち筋はほぼ考えられない。

となると考えられるのは、
5m7m7mからの7m先きり、
7m7m8mmからの7m先きりだが、

ここでもまた段位に注目しよう。

確かに、
9mを出しやすくするために、
7mを先切りすることは重要な戦略である。

しかし、失礼だが、
4段レベルでそこまで考えているとは考えにくい。

普通に考えれば、
7mよりも南を残しているのだから、
7m周りは牌が無いと考えるのがふつうである。

4m5m7mからの7m整理とも考えられるが、
3mが通っているため、
その可能性も無い。

となれば、
この6mは限りなく通るのだ。

6sに何かくっつけば最終的に赤5m単騎まで見える

赤5m6m6m2p3p4p2s3s4s6s      1s2s3s

この形で、
上家に切りづらいのは、
赤5m6sである。

6mはほぼほぼ通るので打てるので、
実質4m7mチーもしくはツモ、6sツモでテンパイが取れる。

ノーリスクでテンパイ取るには誰かが6s切ってくれないとダメなそのままの形と 5m6m9m6sを誰かが切ればノーリスクでテンパイ取れる鳴いた形じゃ比較にならない

そうこれもメリットの一つ。
誰かが、5m6m9m6sを切れば、ノーリスクでテンパイが取れるのだ。

この1sを鳴くのと鳴かないのでは、
圧倒的にその後のテンパイの取りやすさが違うのだ。

ちなみにだが、
最近私はASAPINの放送をよく見ているのだが、
ASAPINもこの1sは鳴くだろう。

総評

この鳴きもかなり細かい部分であるが、
ただでさえ、実力の似通っている鳳凰卓で結果を残そうと思えば、
非常に重要な技術になる。

しかし、実践では、ここまで緻密に計算することは難しい。
まずは、頭でこの鳴きの理由をしっかりと理解することが大切である。

頭で理解出来れば、
次は実行する。
そして出来るようになる。

学びの5段階である。

そして、最終的には、
直感的に、この鳴きの優位性を認識でき、
瞬時に鳴けるようになれば完璧である。

細かい部分を徹底して、
共に雀力向上に努めよう。

スポンサーリンク