ツイッターから。

eik 鳴き 1

eik 鳴き 2

この鳴きに関して、
私の見解を述べたいと思う。

スポンサーリンク

状況の整理

さて、
状況を整理しよう。

鳳凰卓、
東風戦。

オーラス。
現状ラス目。
西家、
リー棒0、
0本場。

点棒21000。

3着目、東家。
21700(+700)
2着目、南家。
26400(+5400)
トップ、北家。
30900(+8900)

対面の三着目が、
ラス親で、
自分と700差。

親かぶりしてくれれば、
1000、2000で逆転の点差である。
テンパイ、ノーテンでも逆転。

自分は、
1000点あがればラス回避。

こういう状況では、
まず全力でラス回避に向かう局面だろう。

また、
トップ目と2着目は、
かなり引き気味に打牌をしていくことが予想され、
また、自分が安手であることがわかれば、
2着目からは、高確率で差し込みにも期待が出来る。
(トップ目は、差し込みをすると、30000点を割るため、
トップ目からの差し込みは難しいであろう。)

対面の親は、テンパイノーテンでも逆転なことから、
かなり押し気味に打ってくることが予測される。

考察

愚形含みの三シャンテン。

ここで、
カン7pが出る。

これをチー。

確かに、
今この局面で見れば、
チーした方が優勢に見える。

しかし、
実際、
鳳東の思考時間の中で、
(5秒+3秒)
チーをすることは難しい。

最終形が予測できていなければ、
出来ないチーであろう。

捨て牌も、
9s8m西と打っているところから、
8mよりも西を優先している。)
配牌の時点で、
この後々付けの上りの形が見えていたのだろう。

確かに、
1フーロして、
その後、役牌を鳴ければ、
上り牌を拾いやすくなるかもしれない。

上家が、
三着目なので、
差し込みや、
鳴きたい牌を送り込んでくれることも期待できる。

結論

今の私には、この鳴きは出来ない。投稿を表示
しかし、この鳴きは、ほぼ鉄鳴きに近い鳴きのように思う。

おそらくだが、
ASAPINなんかも、
この7pは鳴いてくる気がする。

まさに、
一歩先のレベルの鳴きだ。