天鳳元十段、遊走氏のツイートから。

この打牌について検証したいと思う。

スポンサーリンク

場況

まず、場況の確認。

鳳南(鳳凰卓東南戦)、
東3局。

現状トップ目、
点数は34000。

親、27600(-6400)
北家 22600(-11400)
南家 15800(-18200)

である。

配牌は、
役牌である、東發がトイツであり、
さらにマンズも6種あり、
形も、
1m1m3m6m7m8mと非常にいい。

対面の親をサッと流すこともできるし、
ホンイツに向かい、
7700以上も十分に狙える手である。

ちなみに、
他家の初手の手順は、
みな字牌と普通である。

遊走の見解

以下、遊走のツイートから。

染めて本手で決めに行く場合
当然枚数多いソーズから先に外したほうが
他家から見たときの染め色の断定が遅れてマンズ鳴きやすく上がりやすい

交わし手で行く場合
最終的に5-8s待ちになれば当然第1打のマタギで上がりやすく さらに役牌ひとつ叩いてから5-8s鳴いた場合でもこのとき字牌待ちが比較的上がりやすくなる
ここで字牌がシャボで当たるって 配牌で字牌含みの4トイツからいきなりトイツ1つ外したことになるからね

「ここでこれが当たるとすれば配牌4トイツをいきなり崩したことになるから~」みたいな読み筋立てられるやつ少なくない?って点は知らない

解説

ではここで遊走の発言を一つ一つひも解いていこうと思う。

染めて本手で決めに行く場合

これは、ホンイツに向って、
一気に高打点を狙いに行き、
勝負を決めに行く場合ということだ。

当然枚数多いソーズから先に外したほうが
他家から見たときの染め色の断定が遅れてマンズ鳴きやすく上がりやすい

ホンイツに行く場合、
極力他家に絞られない方が手を進めやすい。

ピンズよりもソウズの方が枚数が多いので、
6s6s7sを先に払い、そのあとに8pを打ったほうが、
染めている色がばれにくい。

6sから払っていくと、
残っている色は、
ピンズとマンズの二種あるので絞りにくいからだ。

逆に、8pから払っていき、
後に、6s6s7sを払っていく場合、
残りの色はマンズしかないので、色がばれる。

以上の理由で、本手で行く場合は、
6sから切る方が優秀ということ。

交わし手で行く場合

交わし手とは、
打点は高くないが、
差がそこまで離れていない、
二着目の対面の親を流すために、
無理して高打点を狙わずに、
スピード重視で打牌選択を行うこと。

ラス回避が重要な天鳳において、
重要な戦略である。

最終的に5-8s待ちになれば当然第1打のマタギで上がりやすく

初手に6sを打てば、
最終的に5s8s待ちが出やすくなる。

最初の方に、
6sを打っていれば、
6s周りは牌が無いと思うのが、
普通の読みの思考回路である。

今回の手牌でいえば、
6sより後に、
牌の強さで言えば、
不優秀な8pを後に切っているので、
8p周りの方が危険と思うのが普通の読み。

この思考を逆手に取り、
6sを先打ちする。
このことにより、
5s8s、特に8sをデアガリやすくするということだ。

さらに役牌ひとつ叩いてから5-8s鳴いた場合でもこのとき字牌待ちが比較的上がりやすくなる ここで字牌がシャボで当たるって 配牌で字牌含みの4トイツからいきなりトイツ1つ外したことになるからね

鳴きを利用する時は、
ふつうは、
6s6s7sのような形は非常に重宝する。

チーもできれば、
ポンもできるからである。

それをあえて、
最初に6sを切り、
6s7sの形で残す。
そして、
5s6s7sもしくは6s7s8sで鳴くことにより、
6s6s7sの形から、6sを切っていることが他家にわかる。

あえて、
トイツを嫌っているのだから、
比較的上がりやすい、
字牌とのシャボは少ないだろうということだ。

私なら

まず、私は、
この牌姿なら、
8pを落とす。

理由は、
6s引きが裏目るのがイヤだからだ。

ただし、
この局が、
オーラスでどうしても、
ラス回避の時のために、
安くてもいいので、
上りがほしい場合は別。

その場合は、
デアガリ優先の先切りで、
6sを先に切るかもしれない。

しかし、今回の場合、
相手が全員七段なので、
そこまで必要は無いかもしれない。

卓の平均段位が八段以上の場合は、
6s先切りは非常に有効な一打だろうという見解だ。

天鳳位の反応

以下天鳳位の反応。

初代。

六代目。