上達のためには、
無駄な物を捨てるということが、
非常に重要になってくる。

どういうことか説明しよう。

スポンサーリンク

無駄を無くす

例えば、
麻雀を始めたばかりの人がいるとする。

麻雀のマの字も知らず、
麻雀が、どういったゲーム性かすらわからない。

こういう人は、
まずどうやって麻雀を学ぶ(知る)かどうか考えるだろう。

そして、
どういった方法で、
またどういった物から麻雀を学べば、
効率よく麻雀を学べるかどうかわからないので、
上達のために必要の無い物まで学んでしまう。

流れなどが、その最たるものだろう。

また、誰が言っていることが、
本当に正しくて、
誰の言っていることをきけば、
本当に上達するかわからないので、
いろんな人から学ぼうとしてしまう。

学ぼうと熱心なのは重要なことだが、
しかし、
ここに上達の罠がある。

いろんな人から学ぶな

以前にも書いた記憶があるが、
特に初心者の場合は、
いろんな人から学ぼうとしてしまう

初心者でなくてもそうだ。

例えば、
あなたが天鳳で、四段だったとしよう。

そして、
鳳凰卓に上がりたいと思っているとしよう。

ダメな人は、
たくさんの人から学ぼうとしてしまう

鳳凰民の言っていることは、
全て正しいと思い、
全てを吸収しようとしてしまう。

そもそも上達のために必要なことなど、
シンプルで簡単である。

天鳳高段者が言っていることなど、
みな一応に同じである。

ただ同じことを切り口を変えていっているだけに過ぎない

上達のために必要な本質さえつかんでしまえば、
たくさんの人から学ぶ必要は無いし、
迷うことは少ない。

方向性を決めて突き抜ける

私の場合は、
現代麻雀技術論(サイト版)が、
教科書だった。

サイト版現代麻雀技術論を初めて見た時、
実に自分が麻雀に関して知りたかったことが、
網羅的にかつ簡潔に述べられていた

そして、
現代麻雀技術論を信奉し、
この戦術論で天鳳を戦い抜くことを決めた。

勿論、
他にも麻雀に関する書籍やサイトを実際に読んでいて、
他のサイトと比較するという物差しを持っていたというのもあるが、
私が、現代麻雀技術論を初めて見た時、

その内容の質は、
明らかに他のサイトとは一線を画していた。

 

今、特上卓で打っていて、
イマイチ上達出来なかったり、
段位が上がらずに止まっている人は、
是非この無駄な物を捨てるということを考えてみてほしい。

あなたが必要と思っているものは、
実は、上達のためには必要で無いものが多かったりする。

天鳳は、ネット上のゲームなので、
たくさんの戦術論や、ネット上に情報が溢れかえっている。

それはそれで、
いい環境なのだが、
当然、中には、
天鳳上達のために無駄な情報も多い。

自分が持っているものを捨てれば、
新しい可能性が生まれることもあるのだ。

スポンサーリンク