人生において、本気にならなければならない時がある。
また、本気にならなければ、
達成出来ないこと、
到達出来ないこともある。

スポンサーリンク

今一度考える

天鳳に例えてみよう。

特上卓に上がれない。
特上卓で勝てない。
鳳凰卓に上がれない。
鳳凰卓で勝てない。

無論、上記で上げた以外にも、
その人のレベルによって、
様々な壁があるだろう。

今の自分で突破出来ない理由、
そのほとんどが、
本気になっていないからなのだ。

たとえば、ながら打ち

ながら打ちとは、
youtubeを見ながら、
ニコニコ動画を見ながら、
他の作業をしながら、
天鳳を打つことだが、

このながら打ちを辞めることで、
あなたの段位が上がることは、
以前の記事で書いた通りである。

自分の思うがままに打つな

他にもツイッター等のつぶやきを見ていると、
自分の思うがままに打っている人を目にする。

あなたが、
「麻雀なんてただの趣味だし、
別に天鳳も段位に拘っていないし、
楽しめりゃそれでいいや」

と思っているなら、
自分の思うままに打てばいい。

しかし、
私のブログの記事を細かく確認しているあなたは違うはずだ。

少なくとも、
今よりも、
麻雀を上手くなりたい、
天鳳の段位を上げたい、
鳳凰卓に到達したい、

このような気持ちでブログを見られているのではないだろうか。

そんなあなたは、
上記のような呟きをする人間の戯言など、
左から右に華麗に受け流すべきである。

「自分の思うがままに打っているから、
お前は下手クソだし、豆特なのだ。」

と心の中で一蹴し、

聡明なあなたは、
麻雀を上達するために、
そして天鳳の段位を上げるために、
それに適した打ち方をしっかりと学び、
素直に実践するのみである。

それでも結果が出ない人へ

それでも結果が出ない人。

原因は二つ。

教えられた通りに打っていない。
打数が少ない。

この二つである。

教えられた通りに打つためには、
何度も教材を繰り返し読もう

打数が少ない人は、
忙しい人もいるかもしれないが、
しっかりと天鳳を打つ時間を取るようにしよう。

教えられた通りに素直に実践し、
打数をこなせば、
天鳳の段位というものは上がるようになっている

なぜならば、
天鳳の段位というのは、
ある程度の段位までは、
麻雀の実力がそのままに反映されており、
雀力が上がれば上がるほど、
段位も上がるようになっているからだ。

少なくとも、
七段までは、
単純に、雀力を向上させれば、
運(確変)に頼らずとも、必ず到達できる。

運が無ければ、
六段坂を上がれないと言っている人は、
残念ながら、
あなたに雀力が無いだけなのだ。

麻雀センスが無くても、
六段坂を実力で上がれることは、
私が証明している

六段坂など、
圧倒的成績で駆け抜けるべきだし、
あなたが本当に戦うべき場所は、
鳳凰卓である

特上卓など、
秒速で駆け抜けろ!

スポンサーリンク