私が、日頃生活している上で、
最も意識していること。

昨日よりも今日 という言葉について話したいと思う。

スポンサーリンク

昨日よりも今日

昨日よりも今日。
この言葉は文字通り、
昨日の自分よりも今日の自分の方が、
成長しているということだ。

正確には、
昨日の自分よりも、
今日の自分が成長するように努力する、
ということになるだろうか。

このことを意識するだけで、
あなたの日々の生活は格段に変わる。

結果も大事だけど…

天鳳では、
段位という明確な雀力の指標がある。

天鳳を打っていて、
そしてなおかつ私のブログ、
そしてこの記事を見ているあなたならば、
ほぼ100%天鳳を打っている理由は、
天鳳の段位を上げるためだろう。
(もしくは麻雀が強くなるため)

そんな意識の高いあなただから、
おそらく段位というものに物凄く拘りがあると思う。

勿論、段位に拘ることは悪いことでは無い。

というか、
天鳳を打つならば、
段位に拘るべきだし、

段位をあげまくって、
ドヤ顔をするべきだ。

段位に拘ることは悪いことでは無い。

しかし、
段位に拘るがあまり、
その過程をおろそかにしてはならない。

どういうことかと言うと、
天鳳において、
段位は、その人の実力を示すかなり正確な、
物差しになっており、
あなたの実力がその段位に追いついていないと、
基本的には、
その段位になることが出来ない。
(勿論、段位のブレ幅はある。)

つまり、
段位を上げることに焦るがあまり、
丁寧な打牌が出来ていなかったり、
(鬼打ちのし過ぎ)
雀力向上のための麻雀の学習を忘れたりして、
ただひたすら天鳳を打つマシーンになっていないかということである。

段位を上げるために

段位を上げるためには、
確かに鬼打ちは重要である。

天鳳は数を打ってなんぼのところもあるし、
数を打てば、
麻雀自体もうまくなるだろう。

しかし、
昇段に焦るがあまり、
打ち方が雑になってしまったり、
基礎をすっ飛ばして、
我流の打ち方を貫いていると、
仮に運の偏りで、
あなたの実力以上の段位に到達することが出来ても、
維持することが出来ずに、
降段してしまうだろう。

あなたが、
昨日よりも今日
何が何でも、昨日よりも絶対に向上する

という気持ちを持ち続けることが出来れば、

正しい方向で努力を継続し続ければ、
心配しなくても、
勝手に段位は上がっていく。

結果(段位)も重要、
しかし焦るがあまり、
段位よりもさらに重要である、
基本的な雀力向上を疎かにしては、
本末転倒である。

しっかりと、
目標を見据え、
適切な努力をしていくことが重要なのだ。