天鳳で、
ラスを引いたときの対処法について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

ラスを引いたときの対処法

天鳳を打っていて、
最も辛い瞬間がラスを引いた瞬間であろう。

ラスを引いた時の心構えだが、
冷静になるということが大事である。

確かに、
ラスを引けば、
冷静になることは難しい。

それも、
自分のミスでラスを引いたのならまだしも、
明らかに、
枚数で多いリーチのめくりあいに負けたりだの、
麻雀の場合、
理不尽な敗戦というものは、
避けられないものなので、
納得のいかない敗戦というもの当然ある。

そういった場合に、
負けを取り戻そうと熱くなってしまって、
連予約してしまうことはよくあることだ。

しかし、
この連予約をしてしまうと、
当然負けのポイントを取り戻そうとしてしまっているために、
冷静な打牌が出来ないパターンが多く、
連ラスを引いてしまうということが少なくない。

麻雀に限らずに、
勝負事は、
冷静になることが大事である。

勝負事は、
熱くなってしまった時点で負けなのだ。

負けた後ほど冷静に

ではどうすればいいのか。

負けた後は、
次の予約をする時は必ず、
時間を置くようにしよう。

特に麻雀の場合、
ありえないラスを引いたり、
ありえないことを何度か経験してしまうと、
押し引きが崩れる傾向にある。

たとえば、
カンチャン待ちで
即リーして、
次順、一発で当たり牌をツモったとする。

すると、
次順同じような状況になった時に、
また一発でツモれるんじゃないかと思い、
確率的には、
一度、ダマ点で構え、
手変わりを待った方がいい場合にもかかわらず、
即リーしてしまう等がそれに当たる。

打っている最中はなかなか冷静になりにくい。

だが、一局打ち終わり、
必然的に時間が空くような状況では、
冷静になる時間はもてるはずだ。

常に、冷静に。

勝負事は、
熱くなった方の負けなのだ。