特東状況判断

以下、私の見解を述べたいと思う。

スポンサーリンク

状況整理

特上卓東風戦特東)、
東3局
1本場、リーチ棒1本

自分(親)33900
西家(二着目)27200(-6700
北家(三着目)21000(-12900
南家(ラス目)16900(-17000

三着目である、
北家からリーチがかかっている状況である。

自分の手牌

3900(リーチ、ドラ1)のテンパイ。
待ちはドラ傍のペン7p

中はアンパイではないが通りそうである。

私ならこう打つ

私なら、打中のダマ。

ドラである、9pが重なった場合のみ曲げる感じである。
(勿論、その時の場況にもよるが)

少しでも危ない牌を引いて来れば、
7mのトイツ落としでオリる感じだろうか。
7mも決して安全牌では無いが)

ダマにする理由としては、
まずドラそばのペン7pが出にくいということと、
北家に放銃した時に、
ラスになる可能性が芽生えてしまう点だ。

仮に自分がリーチをして、
北家に7700振り込んだとしよう。

そうなると、
7700+300(一本場)+1000(リーチ棒)の支出で、
9000マイナスである。

すると、
点棒状況が、
31000(+6100)
27200(+2300)
24900(自分)
16900(-8000)

となり、
ラス目が見えてくる状況になってしまう

もし自分がリーチをしなくて、
北家に、
12000をツモられたとしても、
ラス目である、
南家とは、
14000の差があり、
ほぼラスることは無い

また、
西家との差も、
3700差にはなるが、
二着目は守れる。

まあ特東なら、
レベル的に曲げても問題無さそうだが、
鳳凰卓では、
個人的には、
間違いなくダマる

もし自分が放銃して、
上記のような点差になれば、
ラスになる確率が跳ね上がるからだ。

打ち筋の好みなどもあるだろうが、
この状況では、
個人的にはダマ有利のように思う。

1にラス回避、2にラス回避、3、4もラス回避、5もラス回避

天鳳はラス回避ゲーである。

特に、
ラスの配分が、
トップ+2着を超える配分では、
特上卓では六段配分以上
いかにラスを引かないかが重要になってくる。

メンタル的にも、ラスは、
非常に悪い。

ラス回避の重要性に関しては、
下記の記事が非常に参考になる。

天鳳打つ時は椅子の上で正座です

天鳳で今現在、六段以上の人は、
ラス回避の意識を今より強く持てば
圧倒的成績で特上卓を駆け抜けることが出来る

また徹底したラス回避の技術は、
鳳凰卓ではさらに必要になってくる、

ラス回避を徹底して、
秒速で六段坂を駆け抜けて欲しい。