スポンサーリンク

完全順位制である、
天鳳において、
差し込みの技術は重要である。

差し込みとは、
相手のロン牌をあえて打ち、
放銃することである。

同じような技術で、
相手が有利になるような牌を鳴かせたりする、
アシストという技術もある。

最も、特上卓までの卓では、
差し込みの技術よりも、
もっと基礎的な部分を磨く必要が有るが、

特上卓勝ち組以上、
また鳳凰卓で勝ち残っていくためには、
差し込みの技術はかなり重要になってくる。

以下、
差し込みの一例をあげたい。

差し込み 1

 

特上卓東風戦(特東)でのオーラスだが、
この場面だと私だったら差し込みに行く。

なぜなら、
自分の点棒に余裕(7700放銃でもトップで終われる)が有り、
さらに自分の配牌がそこまでよくない
そして下家が後1000点で二着目に浮上するので、
下家に高い打点の必要が無いからだ。

また、差し込みやアシストは、
相手からリーチが入った時に、
安牌に困ることが無いというメリットもある。

差し込みに関しては、
相手の雀力がある程度あるということが前提になる。

故に、特上卓ではそこまで重要な技術では無いが、
鳳凰卓で勝ち残ろうと思うと、
かなり重要な技術になる。

あなた自身が、
もう一歩高いレベルに挑戦したいのなら、
差し込みの技術を学んでもいいかもしれない。

ただ何度も言うが、
あなたが特上卓やそれ以下の卓で、
中々勝てないのであれば、
もっと重要な技術(牌効率鳴きの技術等)を、
優先的に身に着けるべきなので、
あくまで補足の技術として考えるべきであろう。

より詳しく差し込みの技術を学びたい方は、
下記のサイトが役に立つであろう。

麻雀一番街 差し込み・アシストの技術

スポンサーリンク