特東何切る!?

この局面に関して、 私の考えを述べていきたいと思う。

スポンサーリンク

場況整理

特上卓、
東風戦(特東)、
東1局、 1本場
東家 26500
西家 25000
南家(自分)25000
北家 23500

ほぼ平たい局面である。

注意すべき点

飽くまで私はだが、
特上卓で戦う時は、 周りの段位を気にする。

というのも、 六段と、四段では、
雀力の差がかなりあるからだ。

で、今回は、 周りが全員六段である。
なので、 基本的には、 特上卓の中でも、
かなり打てる部類だと認識して、
打牌選択を行うようにする。

私ならこう打つ

ちなみに、私は、 打赤5m
素直に、 真っ直ぐに最速テンパイを目指す。
仮に、 テンパイした時に、 2m3mのメンツの方が先に埋まっても、
4s切りリーチで、 引っかけリーチをかけることが出来る。

4s6s8sの方が先に埋まれば、
両面で曲げることが出来るので、 全く問題は無い。

打点も赤5pが一枚あるので、
どちらでリーチするにしろ、
及第点と言えよう。

鳳凰卓ならば…

ちなみにだが、
この卓がもし鳳凰卓ならば、
その時(テンパイした時)の
場況(相手の手が早そうかだったり、
目に見えている自分の上がり牌の残り枚数だったり、
自分の河の強さだったり) にもよるが、
最後のところで、 ドラの5s待ちの打8sリーチも有りだと思う。

鳳凰卓では、 筋だからと言って、 簡単には出ない

というか、 4sのモロヒ(モロひっかけ)である、
カン7sは、 むしろ出にくいまである。

さらに平な場況なので、
全員がベタ降りしてくることも大いに考えられる。

ベタ降りすると決まれば、
鳳凰卓では、 怪しい牌などほとんど出ることは無く
結局はツモ専になることが多い。
どうせツモ専ならば、 カン7sで待つよりも、
打点のある、ドラの5sで待った方がいいという考え方である。
このへんは難しいところではあるが、 特上卓ならば、
すなおに、 引っかけのカン7sで待った方がいいだろう。

スポンサーリンク