ツイッターから。

この牌譜に関して、
私の見解を述べたいと思う。

スポンサーリンク

状況整理

まずは、状況を整理しよう。

特上卓、
東南戦、
南2局、1本場、
親番。

東家(自分)20000(三着目)
北家17100(自分と-2900)(ラス目)
西家26500(自分と+6500)(二着目)
南家36400(自分と+16400)(トップ目)

特上卓での戦い方

私の場合だが、
特上卓で打つ場合は、
打ち手の実力もかなり考慮して、
打牌選択を行う

天鳳において、
段位がその人の実力の指標になるのは言うまでもないが、
特上卓ではそれプラスRも考慮する。

つまり、
段位とRによって相手の実力を推し量るのである。

自分の経験を通してだが、
四段R1800代は、
基本的に何も考えていない

ベタオリも出来ていないし、
無論、細かい点棒計算も出来ていない。
着順を意識した打ち回しも出来ていない。

私の中でだが、
特上卓では、
段位関係無く、
R2000以上の打ち手が、
場況を考えた打牌選択が出来るレベルである。
(一般的に読みが通用するレベル)

天鳳五段は、
基本的な打牌は出来ているが、
細かい状況判断や、
細かい牌理、
そして細かい点棒状況判断が怪しいレベル。

六段以上の打ち手は、
Rに関係なく、
それなりに、
場況に応じた打牌選択を出来る可能性が高い

故に、
特上卓では、
全員が6段未満であり、
さらに相手が全員R2000未満であれば、
あなたが読みを駆使してもほとんど無意味になるのだ。

状況整理 その2

ではここで、
卓に戻ろう。

現状、
親番である自分はテンパイであり、

高めの9mで、
ピンフ、ジュンチャン、三色、ドラ1のハネマンであり、
ツモれば、バイマンである。

しかし、
安目の6mは、
ピンフ、ドラ1の2900である。

場況確認

場況を見てみよう。

北家が、
8mをポンしている。

ラス目の上家が2フーロ。
(最終手出し、打4p
対面の2着目が1フーロ。
(最終手出し、打白

対面の第一打が打9m
下家も第一打が打9mである。

私の判断

この局面、
私なら曲げない

まず、この局面で、
リーチをすれば、
場況的に、
対面、下家は、
ベタオリしてくるだろう。

ということは、
アンパイである、
親の自分の捨て牌を打牌してくる可能性が高く、
その自分の捨て牌が、
2フーロしている、
上家に刺さる可能性が上がる。

おそらく、
2フーロしている、
上家は、ゼンツしてくるだろう。
(危ない牌を引いたら降りる可能性もあるが、
段位が五段なので、おそらくそこまで気が回らずゼンツしてくる)

さらに、
対面と上家の最初の打牌が、打9mであるため、
上り牌の一つである、
6mを持っている可能性が高い。
故に、6mが山にある可能性は低い。
(この局面でリーチをしないデメリットとして、6mが出た時に、
打点が2900という点であろう。
しかし、そもそも6m自体が山にいない可能性が高いし、
さらに自分がリーチすれば、親の危険牌である6mはさらに出にくくなる。)

そして、
この理由が一番大きいのだが、
8mを上家がポンしており、壁になっており、
9mがポロっと出てくる可能性が高い。
(正確には、9mを対面や下家が掴んでも、
自分がリーチしていなければ、
止まらずに出てくる可能性が高い。
そして若干だが、9mは山にまだいそう。)

つまり、私がリーチしない理由としては、
安目である、
6m自体がそもそも山にいなさそうだし、
リーチしたからと言って、特別出そうな牌では無い。
逆に、
高目である、
9mは、リーチすれば、まず出ないだろうし、
リーチしなければ、若干だが出やすそうだから、
である。

結論

このメンツ、
この場況であれば、
私だったら曲げないであろう。

しかし、もしこの卓が全員四段R2000以下なら、
私は音速で曲げる

ちなみにだが、
これが鳳凰卓となるとまた状況判断がガラリと変わってくる。

鳳凰卓では、考え方がさらにシビアになり、
思考のプロセスが全く変わってくる
(具体的には、8mが壁になっていようが、
9mのポロリなど期待できない等)

あくまで、私のこの特南リーチ判断は、
この場況
このメンツ、であるからこそ、
言えることであるのだ。

麻雀は、
場況やメンツ、ルールによって、
何を切るか、
どのように判断を下すかを考えることが重要
なのである。

スポンサーリンク