麻雀とはどういうゲームなのだろうか。

簡単に言うと、
4つのメンツと1つのアタマをいかに早く作り上げるかというゲームである。

スポンサーリンク

数牌と字牌

牌

まず、麻雀には、
数牌(カズハイ)と呼ばれるものと字牌(ジハイ)と呼ばれるものがある。

数牌も、
マンズ
ピンズ
ソウズ
というものがある。
(画像もそれぞれ、左から、マンズ、ピンズ、ソウズになっている)

それぞれ1~9までの数字があり、
それぞれ4牌づつ同じ牌がある。

そして、字牌は、
東南西北白發中と呼ばれるものである。
これもそれぞれ4牌づつ同じ牌がある。

つまり、
数牌のうち、
マンズで一~九 × 4牌 = 36牌
ピンズで1~9 × 4牌 = 36牌
ソウズで1~9 × 4牌 = 36牌

字牌は、
7種類しかないので、
7×4牌 = 28牌

になる。
全部で、
36+36+36+28=136牌あることになる。

呼び方

数牌と字牌の呼び方だが、
数牌に関しては、
ピンズはピンズ、
マンズはマンズ、(もしくは、ワンズ)
ソウズはソーズ である。

麻雀は発祥が中国といわれているので、
中国語で数字は読む。

つまり
1 イー
2 リャン
3 サン
4 スー
5 ウー
6 リュー
7 チー
8 パー
9 キュウ

である。

字牌に関しては、

白=ハク
發=ハツ
中=チュン
東=トン
南=ナン
西=シャー
北=ペイ

である。

メンツと頭

では、4メンツと1つの頭を作るとはどういうことなのだろうか。

まずメンツから説明しよう。

数牌の、
メンツの例として、
一二三 のマンズ
⑤⑥⑦ のピンズ
444 の ソウズ

などがある。

字牌のメンツとしては、

西西西
東東東

などがある。

これがメンツである。

頭とは、
数牌で言えば、
②②のピンズ
44のソウズ

字牌で言えば、
北北
發發

というものである。

このメンツを4つ集めて、
アタマを2つ集めると
上がりとなる。

また、
アタマのことを
ヘッド雀頭(ジャントウ)、対子(トイツ)ともいう。

この4つのメンツと1つのアタマを
いかに早く作り上げるかというのが、
麻雀のルールである。

上がりの例外

しかし、
麻雀の上がりには例外がある。

有名なのが、
チートイツ(七対子、チートイ、ニコニコ)
と呼ばれているものである。

これは文字通り、
アタマを7個集めると上がりになるのである。

たとえば、
三三九九2288③③西西東東

というものである。

これも例外として、
上がりを認められている。

後は国士無双である。

これは
一九19①⑨東南西北白發中中

というもので、
イチキュウジハイと呼ばれるものに、
後一牌、イチキュウジハイを加えたものが上がりとなる。

また、
シーサンプトウというものもあるが、
出現率が物凄く低く、
採用している場所と採用していない場所があるので、
例外としては、
チートイツとコクシムソウを覚えておけば十分である。