麻雀のについて話そうと思う。

実は、麻雀で上がるには、
というものが必要である。

この役だが、
まずは順番に解説していこう。

よく使う役から順に説明していく。

スポンサーリンク

リーチ(立直)

リーチ(立直)とは、
鳴きをしていない状態(ポンとかチーとかする前、ポン、チーに関しては、後に詳述する)で、
後一枚で、
上がりが完成という時に、
使えるものである。

画像4

これがリーチである。

マンズが
二三四四五六で2メンツ。
ピンズで
⑤⑥⑦で1メンツ。
字牌が北北でアタマ。
後は、ソウズが67と持っており、
5か8がくればメンツが完成する。

この時に、
使えるのがリーチである。

リーチという風に発生して、
河(牌を捨てる場所)に横向きで置く。

このリーチの特徴として、
まず自分の持ち点から1000点払う。
そして、
もし、同巡以内に、
自分の当たり牌(待ち牌)がくれば、
一発となり、これも役がつくのである。

さらに、
裏ドラといって、
裏ドラの権利も得るのである。(ドラに関しては、後ほど、詳述する。)

平和(ピンフ)

平和

 

次に平和(ピンフ)である。

ピンフは、
このように順番になっているメンツ
(二三四や⑤⑥⑦など)
が4つにアタマが1つの時につく役である。

鳴いたときは、
このピンフはつかない。

※またアタマが、役牌(白發中自風牌場風牌)の時は、
ピンフにはならないので注意が必要である。

タンヤオ

タンヤオ

タンヤオは、
自分の手配が、
一九字牌が無い時に、
役となるものである。

これは基本的には、
鳴いても鳴かなくても、
使える。

鳴いたタンヤオを
鳴きタンや喰いタンといい、
ルールによってはこの
喰いタンを禁止しているところもあるので、
注意が必要である。

役牌

役牌

次に役牌である。

役牌は、白發中に加えて、
場風牌と自風牌がある。

これは鳴いても大丈夫な役だ。
鳴いても鳴かなくても1翻である。

ツモ

ツモ

次にツモである。

これは、鳴いてしまうと、
役にならない。

鳴いてない状態で、
初めて役となる。
上がるときは
「ツモ」と発声する。

 一発

一発

一発はリーチをかけて、
同順以内に、
上がれた場合、
一発という役がつく。

イーペーコー

イーペーコー

イーペーコーは同じ色のメンツが
あるものである。
上の図であれば、
マンズの七七八八九九
がイーペーコーになり。
鳴くと役がつかない。

ホンイツ

ホンイツ

字牌と、
数牌が一色のものがホンイツである。

門前(鳴いていない状態)だと3翻あり、
鳴いている状態だと、2翻である。

ホウテイ

ホウテイ

最後の牌で上がることである。
鳴いていても、鳴いていなくてもあがれる。
1翻である。

終わりに

基本的な役はこのへんである。

もっと細かい役や、
細かいルールを知りたい人は、
下記サイトが非常に役に立つであろう。

麻雀ルールと役の解説「初心者のための麻雀講座」

スポンサーリンク