天鳳の初級者講座である。
また、初級者だけでなく、
全ての人に共通する項目なので、
是非読んでもらえたらと思う。

ここでは、麻雀を始めたばかりの人、
また天鳳で特上卓に上がれない人を対象にする。

まずは、最も大切な、
麻雀に対する基本的な考え方、
ギャンブルに向き合うときの姿勢を話そう。

スポンサーリンク

麻雀に対する基本的な考え方

麻雀に限らずだが、
あなたが弱いのは、
あなたが勝てないのは、
運が悪いからではない。
この考え方は非常に重要である。

勿論、この世の中には、
自分の力だけではどうしようもないということは多々ある。

例えば、今から、私が、
オリンピックに出て、100M走でウサインボルトに勝って、
金メダルを獲得する。

なんてことは、
99、9%以上無理である。

しかしここでは、
そんな途方もないことを言っているのではない。

あなたが勝てないのは運が悪いからか

さて、話を麻雀に戻そう。
麻雀を打っていると、
とんでもない不運に出合うことも多々ある。

たとえば、
自分がリーチをしている。
3面待ちの好形リーチだとしよう。

※たとえば、2p3p4p5p6pとピンズの形があるとする。
この場合待ちは、1p4p7pとなり、場に1枚もピンズが切れていなければ、
待ちの枚数は11枚となり、かなりの確率で上がることができる。

そこへ数巡後に、
追っかけリーチが入る。

そして、
一発で、愚形リーチに振り込む。

※愚形リーチとは、
さっきの待ちとは異なり、
3p5pのようなピンズの形。
場に1枚も切れていなければ、
待ちは4枚しかなく、基本的には、上がりづらい。

裏ドラものり、
12000放銃したとしよう。

ここで、

「なんだよ、このクソ運ゲー、氏ね、ツ〇ダ氏ね!!」

※ツ〇ダとは、天鳳を作った人物である。

となって、
全てを不運のせいにするやつに
上達は無い。

ここで、

「いや、待てよ、確かに、今のリーチは3面待ちだったが、
場に待ちの色は高かった。しかも、今の局面、リーチをしなくても上がれるんだし、
点数もリーチをしようとしなかろうと、変わらない。
それだったら、リーチをせずに、ダマで待ってたほうが、他家からの出上がりを期待できたんではなかろうか」

まあここまで、いかなくても、

失敗は自己を磨いてくれるチャンスと真摯に受け止め、
その失敗から、多くのことを学べる人が、圧倒的速度で成長していくのである。

まずは、この考え方を徹底的に叩きこんでほしい。
これはすべての物事に言える、
普遍的な、成長原理である。

この考え方を身に着け、
そして、正しい戦術を身につければ、
あなたの麻雀力は飛躍的に向上するだろう。

継続して努力を行うこと

継続して努力を行うことも大切である。

世の中には、努力をしてすぐに結果が出るものもあれば、
時間がかかるものもある。

麻雀もそうで、
たとえば、
牌効率を勉強したからと言って、
すぐに上達するわけでもない。

日々の地道な、
打牌の繰り返しが、
成長につながるのである。

スポンサーリンク