おそらくだが、
天鳳でいえば、
この上級卓を打っている時が、
一番ストレス無く打てると思う。

また、あなたが天鳳から麻雀を始めた人ならば、
ルールも一通り覚え、
そして打てば打つほど、
上り率が上がり、
トップ率も上がっていく。

まさに天鳳の中で、
一番面白く楽しい時期がこの上級卓の時期だと思う。

スポンサーリンク

天鳳が好きか嫌いか

また、
もし麻雀があまり好きになれなかったり、
天鳳(ネト麻)自体があまり好きになれなければ、
この上級卓で天鳳は終わってしまうだろう。

天鳳の三段坂というものは、
それなりの坂になっており、
やはりそれなりに打ち込まなければ、
三段坂を登りきることが出来ないからだ。

もしあなたが、
天鳳から麻雀をやり始め、
そして、
今上級卓で打っていて、
このサイトに出会っているならば、
正直何の心配もいらない。

このサイトに書かれてある通りに、
素直に実行していければ、
あなたの雀力はみるみる上達していくだろう。

もしあなたが、
天鳳から麻雀をやり始めたのではない場合は、
少し危険である。

それは変な癖がついている可能性があるからだ。

私の麻雀歴

以前の記事にも書いたが、
私は、まさに変な癖の塊だった。

この癖を直すのが、
かなり大変だった。

私の麻雀歴は、
当然赤無し麻雀から始め、
ローカルルール満載の麻雀を打っていた。

クイタン無しで打っていたし、
赤ドラも無かったため、
高い手作りをするのが基本だった。

多少難しくても、
三色や一通、
ホンイツを狙いに行く。
ピンフのみなどは、
上がらない。

カンチャンドラ1は即リーなど、
絶対に考えられなかった。

麻雀歴自体は長かったので、
ルール的な部分で、
わからないところは無かったが、
赤無し、
クイタン無しで育った私にとって、

天鳳の赤有り、
クイタン有りの、
特殊なラス回避ゲーは、
慣れるまでにかなりの時間を要した。

最終的には好きか嫌いか

結局のところ、
上達のカギは、
その物事を好きか嫌いかによると思う。

努力と才能でも書いたが、
麻雀が好きであれば、
イヤでも勉強するだろうし、
天鳳が好きであれば、
天鳳の勉強をするだろう。

ネト麻が好きな人もいれば、
リア麻が好きな人もいる。

天鳳が好きな人もいれば、
嫌いな人もいるだろう。

上級卓は、
数をこなせば必ず突破できる

真の天鳳は、
特上卓から始まる

特上卓の麻雀は、
上級卓の麻雀とは異質であり、
この特上卓にこそ、
天鳳の面白味、
深さ、難しさ、
そして麻雀の醍醐味が全て詰まっている。

願わくば、
上級卓の壁を突破して、
特上卓の麻雀を経験されたらと思う。

スポンサーリンク