以下、
思うところを述べていきたいと思う。

スポンサーリンク

実体験

私の実体験を話そう。

何を隠そう、
私も、
ゲーセン版MJや麻雀格闘倶楽部を打っていたことがある。

どちらかといえば、
麻雀格闘倶楽部の方が好きだったが、
打っていた。

確かに、
私も打っていた。

ゲーセンで麻雀打っていた理由として、

・単純に麻雀が好きで気軽に打てたから
・そもそもゲーセンくらいしか麻雀を打てるところを知らなかった
・プロ雀士と打てる可能性があったから
・ポイントなどがたまっていき昇段したりするのが面白かったから

である。

一つずつ、
過去の自分を論破していこう。

単純に麻雀が好きで気軽に打てたから

私が、
ゲーセン麻雀に嵌っていたのは、
(嵌ったというレベルでもないが)
今から8年くらい前なので、
当時は確かにネット麻雀も今ほどでは無かったと思う。

しかし、
今では、
ネット麻雀も無数にあり、
というか天鳳がある。

天鳳がある限り、
わざわざ、
副流煙の中
1局打つのに数百円かかる
超絶コスパの悪い、
ゲーセン麻雀を打つ意味が分からない

そもそもゲーセンくらいしか麻雀を打てるところを知らなかった

確かに、
当時高校生や、
大学生だった私
には、
雀荘は少しハードルが高かったかもしれないが、
それでも、
今では、
天鳳がある。

天鳳があれば、
わざわざゲーセンまで出向き、
麻雀を打つ意味はない。

プロ雀士と打てる可能性があったから

実力基準の曖昧なプロ雀士と打つよりも、
ある程度の実力者しか打つことの出来ない特上卓の、
厳しいポイント配分を駆け抜けてきた、
鳳凰民と打つ方が、
プロ雀士と打つよりも面白い

鳳凰民>プロ雀士

ポイントなどがたまっていき昇段したりするのが面白かったから

麻雀格闘倶楽部にしろ、
MJにしろ、
ポイントが溜まったり、
昇段システムがあると思うが、
これも天鳳の方が上。

打てば打つほど、
勝手に昇段していくシステムよりも、
真に実力が無ければ、
昇段出来ない天鳳のシステムの方が面白い

天鳳との比較

まあ、
極論天鳳を知らないだけだ。

ゲーセン版MJや麻雀格闘倶楽部を打っている人が、
天鳳を打ち始めれば、
果たして何人の人が、
そのまま継続して、
ゲーセン版MJや麻雀格闘倶楽部を打ち続けるだろうか。

天鳳は面白いよ。

ゲーセン版MJや麻雀格闘倶楽部に、
お金や時間を費やすくらいなら、
鳳凰卓に上がるまで、
完全無料の、
天鳳に時間を費やした方がいい

しかも、
鳳凰卓に上がっても、
月額500円お布施料金しか必要無く、
それ以上お金を取られることなく、
Windows版という、
非常にキレイなグラフィックで、
天鳳を打つことが可能になる。
(鳳凰卓で麻雀を打とうと思わなければ、
永遠に無料で天鳳を楽しむことも出来る。)

更に、
天鳳はツイッターとの相性もいいし、
ツイッターをやっている高段者の天鳳民も、
威張り散らすことなく、
質問などがあれば、
あなたの段位がいくつだろうと、
しっかりと答えてくれる環境もある。

偉そうに、
踏ん反り返っているプロ雀士とは違う。

本当に麻雀が好きならば、
今すぐ、
ゲーセンのカードを叩き割り、
秒速で天鳳のIDを取得して、
天鳳を打とうぜ。