麻雀をしている人が最後に辿り着く場所が、
天鳳だと個人的に思う。

私も、今でこそ、立派な天鳳廃人であるが、
何も始めから天鳳にどっぷりつかっていたわけではない。

私は実に5歳の頃から牌を握っているのだが、
当時は勿論ネト麻などは無く、
対人は、リアル麻雀以外は考えられなかった。
(麻雀のゲームはあった。
しかし、コンピューター対戦がメイン。)

またその麻雀内容も、
当然赤牌などは無く、
クイタン無しのルールだったような気がする。

当然ながら、
面前が正義だったし、
鳴けば運気が下がるというようなことも、
当たり前のように信じていた

ネト麻から麻雀を始めた人、
はたまた天鳳から麻雀を始めたような人にとっては、
信じられないかもしれないが、
少なくとも私の周りの大人達は、
今でいうオカルト麻雀を徹底的に信じていた。

まあそんな私の話はこのへんにして、
今回は、天鳳の副作用について話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

天鳳の副作用

とりあえず、
思いつくだけ書いてみた。

・寝不足になる。
・怒りっぽくなる。
・奇声を上げやすくなる。
・ずっとストレスが溜まっている状態になる。
・単位を失う。
・社会人として大事なものを失う。
・彼女を失う。
・髪の毛が気持ち薄くなる。
・運動不足になる。(太る。)
・人として大事なものを失う。

まあこんなところだろうか。

少し掘り下げてみようと思う。

寝不足になる

まず寝不足になる。
これは、全ての天鳳廃人にいえるのでは無いだろうか。

これは、とくに社会人雀士にいえることだろう。

天鳳に限らずだが、
麻雀の上達のコツは、
数を打つことであり、
数を打つことにより、
雀力が向上したり、
はたまた昇段しやすくなる

鬼打ちするためには、
社会人であれば、
時間を捻出する必要が有り、
必然的に睡眠時間が削られ寝不足になる。

怒りっぽくなる

怒りっぽくなる。

これは、
ツイッターをしている人ならばわかると思うが、
基本、天鳳TLというのは、
罵声が飛び交っている。

私のツイッターには、
約2000人のフォロワーがいるのだが、
例えば、
Aさんという人と、
Bさんという人がいて、

AさんとBさんは、
お互いのアカウントは知らない。

しかし、
私とAさん、
私とBさんは、
お互いに相互フォローの関係になっており、
ツイートは筒抜けである。

そんな中、
AさんとBさんが同卓し、
Aさんが理不尽なラスを引くと、
Bさんを罵り出す。

このような状況に出くわした時、
私はなんとも言えない虚無感に襲われるのだが、
まあこんなことは日常茶飯事である。

奇声を上げやすくなる

これも天鳳を打っている人ならば、
うなずける事実では無いだろうか。

奇声に関して、
詳しく知りたい方は下記の動画が非常に参考になるだろう。

ずっとストレスが溜まっている状態になる

ずっとストレスが溜まっている状態になる。

ちなみに私は、天鳳を打ち始めてから約3年、
心の平穏を迎えた日は一度たりとも無い

単位を失う

信じられないことに、
天鳳TLでは、
単位を失うツイートをすると、
ファボられる。

天鳳界隈では、
単位を失うものは英雄扱いされる。

天鳳TLにおいて、
留年は男の勲章
なのだ。

髪の毛が気持ち薄くなる

うはち

天鳳を打つことのメリット

では逆に天鳳を打つことによるプラスの面、
即ちメリットは無いのだろうか。

ある。

勿論ある。

それは、
麻雀が強くなることだ。

もしあなたが天鳳最上位卓である、
鳳凰卓で打てる権利を得ている頃には、
(天鳳七段、R2000以上)

最早、
フリー雀荘での麻雀や、
大学仲間などのセット麻雀などでは、
当然物足りなさを感じているはずである。

またあなたの雀力が向上すればするほど、
腐った麻雀業界に一石を投じたくなるはずである。

麻雀業界は今腐りきっている

天鳳は、
欠陥ランダムゴミカスクソゲーであることは言うまでもないが、

麻雀は神ゲーである。

私も今までの人生で、
いわゆる遊びと言われるものをやり尽した感があるが、

麻雀を超えるゲームには出会ったことは無いし、
おそらく現れることは無いだろう。

そんな麻雀業界のトップに位置するのが、
プロ麻雀連盟であり、
プロ麻雀連盟が腐りきっていることは、
最早疑いようのない事実である。

天鳳では、
長期安定段位が全て

長期というのは、
1000戦
2000戦
3000戦
はたまたそれ以上の単位のことを言う。

さらには、
打ち手のレベルが、
著しく向上する、
天鳳鳳凰卓での、
長期安定段位こそが、
麻雀の強さの全てである。

そして、
天鳳鳳凰卓で、
突き抜けた結果を出せる人のみが到達するのが、
天鳳位である。

麻雀においては、
天鳳位タッチが全て

それ以外の
自称麻雀のプロたちの戯言などは、ノイズでしかない。

全ての結果が残る言い訳の出来ない、
オンライン対戦麻雀天鳳で、
あなたも本当の麻雀を打ちませんか?

 

スポンサーリンク