天鳳を打っている人の中で、
学生の人はかなり多いと思う。

高校生雀士も、
最近ではよく見かけるが、
やはり大学生の麻雀打ちの姿をよく見る。

そこで今回は、
学生は天鳳を打つべきなのかということに関して、
真剣に考察していきたいと思う。

スポンサーリンク

学生の本文

個人的な意見だが、
学生の本文とは、
学生時代にしか出来ない経験を積むことだと思っている。

中には、
クソつまらない大人が、

「学生の本文は勉強」

などとしたり顔で言ったりするが、

あなたも、そんなクソつまらない大人になりたくなければ、
そんな諫言などは、
左から右に受け流すべきだろう。

ムーディー勝山

ちなみにだが、
社会人になれば、
〇〇大学卒や、
GPAなどは全く関係無い。

広い意味で、あなたが仕事が出来る人間かどうか
あなたが人間としてロックかどうか

上司は基本的には、
この二つしか見ていない

学生自体にしか出来ない経験

では、
学生時代にしか出来ない経験とは、
何だろうか。

いや、
逆に社会人には出来ない経験というものを考えよう。

一般的にだが、
学生は時間があるが金はない
社会人は金があるが時間はない

と言われる。

つまり、
社会人には出来ない経験といえば、
金はかからないが時間がかかる経験だろう。

天鳳じゃん!

そう、
おてんほいである。

おてんほいは、
MAX月額500円のお金で出来る。

金はかからない。

そして、
時間はかかる。

鳳凰卓に到達しようと思うのであれば、
それなりの時間はかかる。

まさに、おてんほいは、
学生にしか出来ないことである。

履歴書に書ける時代

いつか、
そういつの日か、

天鳳の段位が、
履歴書に書ける時代が到来する。

そうなったときに、
天鳳十段以上の実績があれば、
その実績は、
どんな大学を卒業しているよりも
素晴らしく輝かしい実績になるだろう。

結論

スルメver2こそ学生が真に目指すべき姿。