またまたTL(ツイートリスト)を眺めていると、
面白いツイートがあった。

福地本の作者が回答者を募集するようだ。

今、ネマタ本の実戦編ってやつを作ってます。
11月6日だかに発売予定。
スケジュール的にけっこう大詰めなのに、俺が書くべきページがまだ大量に残っててヤバイ状態です…^^;

その本に収録する問題を一通り解いてもらう回答者を募集します。

本の中に、「解いてみました」的なコーナーを作って、モデルケースとして何人かの方に登場してもらって、実際に問題をやってみて、90問中で正解は何問だったか、間違った問題は何番だったか、全体としての感想と麻雀のキャリアを含む簡単な自己紹介を掲載します。

人数は決めてないけど、10~20人とかそんな感じ。
プロアマ問いませんけど、肩書きが立派な人を優先するかも。
いろんなレベルの人がいてほしいので、強い人しか採用しないってことはないです。

ネマタの答えと、ぼくやプロや天鳳位では意見が違うやつもあったりしますが、すべてネマタの答えを正解とします。

ネマタの答えよりも自分の答えのほうが正しいと思う方は、その理由まで書いてくだされば、そのまま掲載するかも。

資格はとくになし。
本名は不要。
ただ、雀力がなんとなくわかる感じの自己紹介がほしいです。

2日間くらいの間に、ちゃんとやってくださる方。
時間の余裕ないので、たとえば、来週火曜にこちらからpdfをメール、木曜に回答をメールしてもらう、みたいなスケジュールとなります。
正確な進行は未定。
やってみて駄目だったでもOKす。

勝手ながら、内容がちゃんとしてない方や、自己紹介などがイマイチだった方は不採用にします。
ただ、協力してくださる方という位置づけなので、無体な扱いはしません。
ギャラ等はなし。

【麻雀本】回答者募集より一部引用。

これだけだとナンノコッチャわからないと思うので、
解説を加えながら、
私の意見を述べたいと思う。

スポンサーリンク

ネマタ本とは?

ネマタ本とは、
現麻 画像

のこと。
このサイトでも紹介したが、
現代麻雀技術論の書籍版。

そしてその実践編の回答者を募集するようである。

福地よ、プロの回答者を募れ

私が、福地本の作者なら、
現役麻雀プロの回答者を募る。

そもそも福地さんは何がしたいのか。

その意図が一向に見えない。

私は、天鳳をこの世の中に広めることが
麻雀業界を刷新する唯一の方法だと思っている。

そして、ネマタさんは、
天鳳民の間では、
十分支持率を得ている。

そんな中、
一般の天鳳民(プロ雀士以外、天鳳位以外)を、書籍に載せて、
誰にメリットがあるのだ。

ネマタ本の質が高いことは、
天鳳民ならほとんどが認めているし、
天鳳を打っている人なら、
大体は現代麻雀技術論は知っていると思う。

今回のターゲットは、
天鳳をなめている、
もしくは、ネト麻をなめている
おっさん層(OVER40)だ。

そのおっさん共の目を覚まさせるために、
今、現役で活躍しているプロの意見を載せるのだ。

ネマタ本の真価は麻雀をそれなりに嗜んでいるものは、
必ずわかる。

ハッキリ言おう。

誰も一般の天鳳民の意見などききたくない。

現代麻雀技術論を超える戦術論を出している者の意見ならききたいが、
今のところ、書籍、ブログを見渡しても、
現代麻雀技術論を超えるものは出てきていない。

世間一般的な意見だと、
プロ雀士>>>>天鳳位

だろう。

そんな世間一般人から、
天鳳民の意見、
ましてや特上民や上卓民の意見など
どこにも需要がない。

そんなものは、
ネットで検索すれば溢れている。

あえて書籍に載せる必要は無い。

今、世間に天鳳は認知され始めている。
それは、
アサピン本を始め、
渋川本や、現麻本が書店に平積みされていることからも伺える。

しかし、
認知されていると言っても、
連盟の小島プロや、雀鬼こと桜井章一ほどではない。

天鳳民の意見を、今度の書籍に載せるとすれば、
天鳳位だけの意見でいい。

天鳳位と一流プロだけの意見を載せるのだ。
それが本の価値を高め、
天鳳の価値を高めることに繋がる。

内輪受けを狙ってはダメだ。

ネマタ本の素晴らしさは、
もう十分天鳳民には伝わっている。

今度は、外に向けて発信すべきである。

←わざと過激な内容を書いて福地先生のRT待ち?って人はクリック!

 

スポンサーリンク