麻雀というゲームは、
私が知る中で、
最高のゲームだと思う。

技術と運のバランス

初心者でも超上級者に勝てることがあること
(長期的には絶対に不可能だが。)

日本では、
老若男女問わず、
これだけ愛されているボードゲームはないのでは無いだろうか?

しかし、
麻雀業界は腐りきっている

そして。

今後、
変わる見込みは少ないだろう。

スポンサーリンク

麻雀業界には夢も希望も無い

これはずっと思っていたことだが、
なぜこれだけ、
日本中、
いや世界中からも愛されているゲームなのに、
麻雀業界には夢も希望も無いのだろうか。

そもそも、
麻雀プロという職業。

プロとは名ばかりで、
実際には、
麻雀のみで生活しているものはいない

いや、
私が知らないだけかもしれないが、
ほとんどの麻雀プロと呼ばれる人たちは、
麻雀をするだけで生活が出来ているわけではなく、
例えば雀荘に勤務したり、
様々な雑用をこなすことで、
生活しているように思う。

それは、
一部の麻雀トッププレイヤーでもそうだ。

初代天鳳位のアサピンの例をとっても、
決して、
麻雀だけで生活をしているのではなく、
様々な雑務もこなしているように見える。

なぜこのような状態なのか

では、
なぜ麻雀業界はこのような状態なのだろうか。

それは、
今の麻雀業界を作った、
トップの人間が悪いのだろう。

昔の麻雀のイメージが悪すぎるので、
スポンサーがつかないのだろう。

麻雀プロには絶対にならない方がいい

麻雀プロになるメリットは皆無だ。

もし、
自分の腕試しをしたいのであれば、
天鳳を思う存分打てばいい

天鳳は、
あなたの雀力を、
正確に測ってくれるものさしだ。

なおかつ、
24時間365日、
打ち手には困らない。

麻雀で実力を示したいのであれば、
天鳳を打てばいい

麻雀プロのメリットを強いていうならば
アイドル崩れのルックスを持つ、
女流プロと親しくなれることくらいだろう。

今の若い打ち手が悲惨

勿論、
全員が全員、
全ての麻雀打ち、
麻雀プロが悲惨な状態なわけでもなく、
若干名だが、
麻雀プロや、
麻雀業界に携わるものの中にも、
麻雀業界を必死によくしようと試みている人もいる

だが、
麻雀業界は、
一向によくなる様子もなく、
変わる様子もない。

稼げないから意味が無い

もう極論言ってしまうと、
麻雀プロは稼げないから意味が無いのだ。

私は、
天鳳打ちなので、
(もうリア麻なんて何年も打っていない。)
私からすれば、
最高の麻雀プレイヤーであり、
最高の天鳳プレイヤーは、
間違いなくアサピンなのだけど、
アサピンでさえ、
彼の才能に見合った報酬を得ているとは、
到底思えない

実に多くのプレイヤーがしのぎを削る、
天鳳の世界で、
二度の天鳳位になり、
真の意味で天鳳の頂点に立つアサピンでさえ、
この現状なのである。

才能のある若い人は麻雀なんてしない方がいい

特に今からの時代、
有名になったり、
お金を稼いだりする手段はいくらでもある

業界に何の光も無い、
麻雀業界に人生をかけるなら、
もっと、
人生をかけるべきものはある。

終わりに

麻雀界に光は無い

一向に麻雀に対するイメージは変わらない

オンライン対戦型の麻雀が一気に普及して、
才能ある若い人たちが、
続々と麻雀を打っており、
なおかつ若くて才能のある、
将来のある若い打ち手も多くいる。

天鳳位でいえば、
アサピン、
マーク2(故人)
就活生、
などがそうだ。

アサピン、
就活生なんて、
人間的にもそうだし、
非常に将来性のある人間だと思うのだけど、
この腐りきった麻雀業界のせいで、
その才能は埋もれていくだろう。

事実、
若くて才能があった過去の麻雀プレイヤー達は、
麻雀業界を損切りし、
他の分野で輝きを放ちつつある

麻雀は優れたゲームであり、
天鳳は優れたサイトだが、
麻雀業界が腐敗しきっているせいで、
麻雀業界には全く光が無い

私ももう麻雀業界に関して、
名指しで誰かを批判することも無ければ、
肩入れすることも無いだろう。

麻雀業界という船は、
100%沈む運命にあるからである。